札幌 ヘアカラーの頭皮の刺激の原因と解決方法について

Posted on

『ヘアカラーをすると、頭皮がピリピリするのはなぜ?』

最近お客様にヘアカラーをすると頭皮がピリピリするという方が増えてきています。ヘアカラー前には必ず過去の経歴を必ず聞きますが、必ず皆さんが伝えていただく事が、頭皮に刺激があった事を教えて頂きます。でわなぜ?ヘアカラーをすると頭皮に刺激があるのか?

【原因と症状について】
頭皮に刺激がある原因は、「刺激性接触性皮膚炎」といいヘアカラーを頭皮に付けるだけで頭皮に刺激があります。ヘアカラー剤は化学薬品であり皮膚や頭皮に直接、長時間つける薬品ではありません。ヘアカラー塗布後分20分~30分時間を置きますが皮膚や頭皮に薬品を付けたままでは炎症が起きてしまいます。炎症は個人差がありますが、ひどい方は塗布されている時から刺激があり我慢できないほど頭皮が痛い事があるらしいです。時間を放置後にはヘアカラー剤をすすぎに行きますがその時にも頭皮に流れ落ちますがそれほど刺激があるわけではありません。ご理解していただきたい事は※直接頭皮に薬剤をつけて長時間置く事が刺激につながる!という事です。
ヘアカラーをする時は、直接頭皮に薬剤を付けずに染められる事をお勧めいたします。

【解決方法】
痛みを残さない安心な染め方がありますが、染めていただく美容師によって染め方が異なります。私たちが一番気を付けなければならない事がお客様にストレスが無く安心してヘアカラーをしていただく為の心遣いに気を付ける事です。お客様の真意があり誠意になります。大切なお客様の事を思えばお客様のご要望をお聞きしてお客様が満足や理解が出来る安心な気づかいや心遣いに気をかける事が一番大切な事です。施術や技術は当たり前にする事ですが施術や技術以外にも心がける事が出来ないとお客様には安心してヘアカラーができないと思っています。

【新規のお客様からのご指名でご予約】
最近新規のお客様が指名でご来店される方が増えています。その理由はサロンコンセプトの魅力がありその中にあるヘアスタイルの仕上がり写真をみてご予約を頂いていますが、それ以外にも人柄を重視され施術者のプロフィールを参考にされているみたいです。プロフィールの中には性格がアプローチされているみたいで人柄がわかるみたいですね。私はストイックであり趣味が多彩にある事がわかるので同じ趣味を共感した方が指名をする傾向があります(笑)