札幌 美容室 ヘアカラー お洒落に見せる安全なファッションカラー白髪染め

Posted on

白髪染めを楽しくお洒落に染めるダメージを残さないで染めるファッションカラーを提案しています。
白髪染めをしているお客様の会話の中で「白髪染めでも明るく染めたいけど断られたことがある」というお話を多々聞きます。白髪を明るく染める事は限界がありますが、白髪を交えてファッションカラーにする事は可能です。
【白髪になる理由】
髪の毛はメラニン色素があります。年齢を重ねたり強いストレスの影響があったり、遺伝などから毛母細胞ではメラニン色素を作る力が弱くなることで色素がなくなり白髪になっていきます。
白髪は「白い髪」と一般的に言われていますが、実は白髪には色素が無いので白色ではないと言う事がわかります。白髪ではなく「透明の髪」という事です。
透明の髪の毛に明るい染料で染めても白髪には薄く染まり、染まっているのか染まっていないのかわからない程度にしか見えません。自毛の黒髪と白髪の量のバランスによっては白髪を明るく染めた場所が目立ってしまう事もあります。その都度染めなおしをされる方も中にはいますが白髪が染まりずらい原理は簡単に説明をするとこう行く事でした。
【白髪を明るく見せるファッションカラーとは】
白髪の量にもよりますが、細いハイライトを線状のように沢山入れる事で白い髪の毛とハイライトの部分と混じり白い毛とハイライトのブリーチをした明るい髪の色と白髪が目立ちにくく見えます。


【ハイライトとは】
ブリーチをする事で髪の色を明るくし透明感や綺麗な色に見えやすく立体的に表すカラーの仕方です


黒髪の色をブリーチした所が白髪により近づく髪色にする事で目立ちにくくお洒落なファッションカラーに見えます。アレンジにダブルカラーにする事でさらに統一感があり白髪があった事を忘れてしまうかもしれないくらいお洒落で明るく見せる白髪染めができます
白髪が出てきたときは白髪染めと言いますが白髪が出ていても出ていなくても髪の毛はお洒落で美しく綺麗な髪色でいたいですね。
【白髪をしっかり染めたい】
という方には白髪には色が濃い(暗い)色を選択すると白髪は黒髪の色に近く染められる事ができます。
お洒落に染めたい白髪染めやしっかり染めたい白髪染めと人により要望は違いますが、髪の毛を染める方法の一環でお客様に提案しています。また気になる白髪染めのダメージを残さずに頭皮には安全な白髪染めをします