ヘアカラー後の頭皮は炎症を起こしている事ご存知ですか?

Posted on

最近ヘアカラーの施術をしていて気が付くことがあります。それは、ヘアカラー後の頭皮の事です。ヘアカラーをして頭皮を見ると、頭皮が赤く炎症起こしている事。これは大変危険な事です。ヘアカラーでも白髪染めを繰り返し頭皮に直接染毛剤を乗せて約20分~30分時間を放置します。放置し頭をシャンプーし頭皮をチェックをすると、赤く炎症が起きている方が殆どです。毛染め剤(酸化染毛剤)は頭皮に直接つけて染める薬品ではありません。化学薬品を頭皮に直接つける事は自らの頭皮に化学反応を起こすことになります。だから、頭皮が染みたり、痒くなったり、最悪ただれて水ぶくれになり顔まで腫れあがる事にもなります。最善の注意をはかりお客様の髪を染める事が出来ないとサロンに来店するお客様に大変ご迷惑をおかけしてしまいます。中には毛染めのアレルギー反応が現れ二度とヘアカラーができない体質にもなる可能性が大きくあります。サロンに来店していただくお客様の安全をしっかり確保して安全なヘアカラーが出来る世の中になるといいですね。ヘアカラーの危険性が世の中の人に知らされると安全なヘアカラーを希望する方が多いと思います。美容師一人の意識が一人のお客様を救う事を思う本当に良かったと思います

札幌市中央区南1条西5丁目17*2セントラル富士603高級ラウンジVIPルームヴィソップ