【アレルギー予防ができるヘアカラー】と【ダメージ成分中和除去】ができた最新のヘアカラーにこだわりを持っています。

Posted on

最近は、【アレルギー予防ができるヘアカラー】と【ダメージ成分中和除去】ができた最新のヘアカラーにこだわりを持っています。

【アレルギー予防】ができるヘアカラーについて
ヘアカラー剤は、髪の色がかわりファッションとしておおく利用されていますが、実はアレルギー成分も含まれている事がわかりました。ここ最近ヘアカラーのトラブルがありますが、【痒み かぶれ】の症状が1度でもあった!という方気を付けてほしいです。ヘアカラー剤には【痒み かぶれ】成分が必ず含まれているので絶対に【痒くならない】という保証がありません。【かぶれた事がない】から大丈夫!という事は絶対にありません。気を付けてほしいキーワードですが【ジアミン】【パラアミノフェノール】【パラフェニレンジアミン】という代表的な成分が含まれているヘアカラー剤は特に気を付けてほしいです。気になる方は、プロの専門家の担当美容師さんにヘアカラー剤のアレルギーについて詳しく聞いてください。
【カラーグレス】ではジアミンやパラフェニレンジアミンの事を【有害成分】と言っていますが、有害成分を除去し、ヘアカラー剤に含まれる有害な物質が【痒み カブレ】アレルギー症状を引き起こしてしまう怖い存在から守るヘアカラーをしています。

【ダメージ成分中和除去】について
ヘアカラーは髪が傷み頭皮が【ヒリヒリ ピリピリ】して痛い、傷み経験がある方、必ず知っておいてほしいですが、ヘアカラーは【アルカリ性】により酸性肌の皮膚や頭皮には刺激がとても強い存在です。少しでも触れると化学反応し何らかの皮膚トラブルになり【痛い ヒリヒリ ピリピリ】痛感があるのがアルカリヘアカラーです。髪には強いアルカリの反応で髪を傷ませ髪の質を壊してしまいます。これが【髪のダメージ】につながり皆さんや美容師さんがよく使うキーワード【髪のダメージ】です。髪のダメージになるアルカリ性を必ず【中和除去】をする事でダメージレスになります。アルカリ中和除去をする事で残留アルカリを中和除去します。ヘアカラー後のアルカリ中和除去処置をする事で髪の色の退色が緩和されたり髪の手触りがよくなり美しい髪色でいられます。ヘアカラーを少しでも長く楽しみたいと思う方は、ダメージから守るヘアカラーグレスをお勧めしています。