【美容師がお客様の頭皮や髪の事を真剣に気遣える姿勢じゃないとお客様の頭皮や髪を真剣に守る】事が出来ません。

Posted on

ヘアカラーは、髪が傷み、頭皮もヒリヒリして痛い!っていう方が最近増えてきています

それは、髪が傷み頭皮にも痛いヘアカラーをしているからです
つい最近こんなお話をお客様から聞きました
『頭皮がヒリヒリして痛いです』
という事を担当美容師さんに伝えたら、
『もう少しなので我慢できますか??』
お客様は、頭皮が痛くなることは、事前に聞いていませんでした。


『頭皮が痛くなるのなら最初からこうなる事をちゃんと伝えるべきなのではないですか??』
とご立腹でした。
そして痛い事は【我慢をしてください】と言われて我慢しなければいけないもんだと思ってしまったらしいです。
こんなにつらい思いをしてお客様が【毛染め】をしなければならないストレスを与える事なら
【美容師がお客様の頭皮や髪の事を真剣に気遣える姿勢じゃないとお客様の頭皮や髪を真剣に守る】事が出来ません。
本当にこんなんでいいのでしょうか??
もっとお客様の立場になって考えてみてください

事後報告ではなく事前に報告をしてからお客様のご要望にお応えする事が大切ですよね!?
私はいつもお客様には事前に【毛染めの注意事項】を必ず読んでいただいています。
お客様の髪を大切に管理をさせていただく立場なのでリスクとメリットは必ず伝えています。

そしてどんな施術がいいのか?お客様にお伝えをしています
最善の方法でお客様の頭皮と髪を傷ませずダメージレスに染める事をしています

毛染めは髪が傷みます。頭皮も痛みます

傷ませない・痛ませない為にもヘアカラー剤には傷みや痛みをブロックする技術や薬にもこだわって使用しています。さらに毛染め後には、ダメージになる成分を必ず中和除去は怠ったことは1度もありません。
アフター処置をしないとお客様の髪や頭皮は傷みだすだけで本当の美しさなんて現れるはずがありません。
毛染で頭皮が痛いお客様にも、痛くならない為の安全な染め方の技術をしっかり身に着けお客様に安心して毛染めをしていただいています。
その為の【ディプロマ】を習得しています

これからのヘアカラーはちゃんとした知識と技術を提供できるカラーグレスはお客様の頭皮と髪をしっかりと守れるダメージレスが必要なのです
髪の傷み、頭皮の傷みやトラブルが1度でもある方、必ずご相談ください

ご連絡お待ちしております