ヘアカラーをすると頭皮が、ピリピリして痛いのを我慢していました

Posted on

御来店動機を聞きました

『ヘアカラーが、頭皮に、優しい物を使っていると聞いて、ご予約をさせて頂きました。』

ヘアカラーをすると3週間以上も、ピリピリ感が続くという方と出会いました。

私が、お客様に使用している、ヘアカラー剤は、頭皮や、髪のダメージ、臭いは、『低刺激』『低ダメージ』『低臭』ですが、

決して、『安全』なヘアカラーではありません。

今日、これで染める、今日かぶれるかもしれません。今日から、痒みが続くかもしれません。

今日から、身体が、赤くなるかもしれません。

今日から、腫れるかもしれません。

今日から、ただれるかもしれません

脅しでは無いですが、、、

ヘアカラー剤をの取り扱い注意事項には記載されています。

【まれにおもたいアレルギー症状が出ます】

【パッチテストをお願いします】

【症状がある場合、病院で治療】

【幼児の手の届かない所に保管してください】

など、パッケージの表、裏、中にも、書いてあります。

ヘアカラー剤を利用して理美容師さんに向けてお客様に伝える事のお願い事が書いてあります。

決して脅しではなく、本当の事を伝えていますので、ヘアカラーをされる方、

頭皮や髪に優しい物だから、安全ではなく、危険な事をご理解をしてヘアカラーを、楽しんでください、

正しい知識を理解していただくご理解をお願いします。

オーガニックヘアカラーは、安全ではありません

たまに、ヘアカラーをされる方の中には、オーガニックヘアカラーは、オーガニックの捉え方をしている方が多々お見えになりますが、ヘアカラー剤と、オーガニックの考え方を別にしてご理解をして頂くと、優しいヘアカラー剤と、安全な、ヘアカラー剤の違いにご理解ができると思います。

安全に染める毛染めは、カラーグレスのご利用をお勧めしております