白髪染めと黒染めについて

Posted on

白髪用ヘアカラーと黒髪用ヘアカラー
の違いは何ですか?
白髪用ヘアカラーは、白髪を黒または黒に近い色に染めるものです。黒髪用ヘアカラーは、おしゃれ染めと呼ぶこともあり、黒系以外の明るい色(ブラウン系、レッド系など)に染めるものです。

 黒髪用ヘアカラーは黒髪や黒髪が明るくなった髪に適した色作りをしているのに対し、白髪用ヘアカラーは白髪と黒髪の色味を合わせるような色作りをしていますので、黒髪用ヘアカラーを白髪に使って染めてしまいますと、白髪が染まらなかったり、不自然な色味になったりすることがあります。また、明るい色を希望しているのに白髪用ヘアカラーを使って染めてしまいますと、髪は黒っぽく暗い色に染まり、当初希望していたおしゃれ感覚の明るい色に染め変えるのはなかなか困難です。白髪を染めたいときは、白髪用ヘアカラーを使うようにしましょう。

染毛剤に含まれるPPD(パラフェニレンジアミン)は、黒い色に染めるほど、(または、濃い色)多くなるため白髪を濃く染めようとする方、特に注意が必要です

Qカラーしてアレルギーてどういうことなの?

A染毛剤による主な症状は【アレルギー反応】です。皮膚のかぶれ以上に・呼吸困難・頻脈・悪寒など症状がきわめて強く出る急性・全身性アナフィラキシーでは、死亡する例もある。日頃、反応がなくても、突然アナフィラキシーの反応が出ない保証がない。 アレルギーは、体内に異物が入ると危険だと判断した体内の機能は、体を守る仕組みと免疫力システムで、体の中に抗体が出来ます。抗体が出来た後、同じ異物が体に入ってくると、今度は抗体がこれを撃退しようとする。アレルギーの反応が生じる時である。初めてカラーをして、反応がでなかったから今後も安全とは言えない。実際に反応が出るまでに数年後に出る可能性もある。アレルギー体質ではない体でも、カラーを繰り返しPPDを蓄積する事で、体質に変化が起こる事もあります。繰り返す度にアレルギーが増えているのも確かです。一人一人が気を付けて、有害物質を入れないようにする必要があると感じています